2012年03月31日

サイボウズのバックアップ

ユーザーが250人くらいいるグループウェア(サイボウズのOffice4)が、ときどき動かなくなってきた。

サーバーはWindows NTであったと記憶する。その当時はシステム管理者になったばかりで、私はサイボウズがどういう仕組みのものかわかっていなかった。どうやらデータは特定のディレクトリに置かれているようだった。

そうこうするうちに、ほんとうに動かなくなってきたのでデータを他のパソコンに移そうとしたが、その途中でサーバーは死んでしまった。結局グループウェアのユーザ設定やスケジュールなどは残ったが、文書管理などにあるファイルは消えてしまった。普段からバックアップをしていないつけであった。今ならデータ救出サービスがあることは知っているが、当時はメールと施設予約くらいにしか使われていなかったので、そのサービスを使うほどではなかったと思う。

復旧に際してどういうバージョンのWindowsで動かせるのかもわからなかったし、インストール用ディスクも残っていなかった。サイボウズに問い合わせても、こちらの知識が不十分であったためかなかなか要領をえなかったが、非常に親切な対応であったことは確かだ。ダウンロードしたファイルを使って試験的にWindows XPにインストールしてみた。

このトラブルの後、おそまきながらバックアップをすることにした。ファイルサーバを作ってデータディレクトリをDisk Mirroring Toolというフリーソフトでコピーをすることにしたのである。本来ならRaid5など信頼性のある構成のサーバにするべきであっただろうが、たぶん今もそのままになっていると思う。

この事件は、私にとってシステムは安定稼働が重要であることを認識させてくれた、非常に良い機会となった。


posted by いのしし at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メール・グループウェア | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。